なたねプロジェクト

笑顔とともに広がっていく菜の花畑

「なたねプロジェクト」は、東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた岩沼市沿岸部の農地で、なたね栽培に取り組む生産者を応援するプロジェクトです。「菜の花はちみつ」や「なたね油」、それらを使った加工品の商品化と様々なイベント開催を通じて復興に向けて頑張る方々を応援しています。

岩沼では農地の除塩や整備が進み、震災前の作物の栽培を再開した地域も増えてきました。現在は、生産者が水田・大豆畑・なたね畑と、農地をローテーション管理しながら栽培に取り組んでいます。春の岩沼に広がる菜の花畑は地域の風物詩に育ちました。プロジェクトから生まれた商品たちは、生産者、加工業者、消費者など皆の力で作り上げた新たな特産品として成長しはじめています。

Copyright (C) MIYAGI COOP. All Rights Reserved.