わたりのそばプロジェクト

実と殻を一緒に挽く「一本挽き」で製粉したそば粉を使用し、香り高く仕上げています。

亘理の復興ともに、新たな特産品をつくりたい

東日本大震災による津波被害を受けて震災前の作物が栽培できなくなった亘理郡沿岸部。沿岸部の排水機能の復旧が遅れ、水稲栽培を再開できずにいた内陸部。この地域の農地を何とか活用することはできないか―そんな想いを抱き、2013年から被災地に適したそば栽培の取り組みが始まりました。「わたりのそばプロジェクト」では、収穫されたそばの商品化や試食会・販売会といったイベントを通じて、地域の「新しい特産品づくり」を応援しています。

収穫されたそばは地元の製麺メーカーの手で生麺や乾麺に加工されて全国に届けられています。また、みやぎ生協メンバー(組合員)と生産者によるそばの種まき会、そば畑でのお花見会、年越しそばの試食会なども開催し、被災地からの情報発信を進めています。今では亘理は宮城県内でも有数のそばの産地として育ち、注目を集めています。

Copyright (C) MIYAGI COOP. All Rights Reserved.